ブログ運営

ブログ記事を積み上げるための3種類の記事の書く方法について

2020年2月3日

ブログ記事の積み上げ方法

どうも悠(悠々自適ブログ)です。

ブログ記事を書き始めて2ヶ月経つ頃です。

2ヶ月経ってもブログのアクセス数はまだまだ伸びません。

ここで諦めないためにもブログ記事の積み上げが大事な時期だと思っています。

 

こんな方におすすめ

  • ブログを始めたての初心者🔰ブロガー
  • ブログを始めて2ヶ月の同志

 

今回こんな疑問をもっているかたに見て欲しいです。

 

困っている人
ブログ記事ってどういう風に書けばいいかわからない💦

 

ブログを書くには3種類の書き方があるんだよ!!

 

 

ブログ記事の書き方3種類について

ブログを書き始めて記事を書いてきましたが、自分の中の知識で書ける記事と調べてから書く記事と2パターンあると考えます。

これを自分なりの呼び方で呼ぶと

メモ

  1. 短期的なブログ記事
  2. 中期的なブログ記事
  3. 長期的なブログ記事

 

①短期的なブログ記事とは

自分の中にある簡単に引き出すことができる知識や情報でかける記事のことを言います。

ある程度の内容は頭の中にあるのでその知識をもとに記事を書くので簡単に記事をサクサク書くことができると思います。

ただ多少の補足は必要ですので、ある程度記事を書いたらチェックをして情報の不足部分を付け足して記事をアップします。

この短期的な記事に関しては記事作成時間約1時間~2時間です。

だいたいこれぐらいの時間で記事を書くことができます。

どんな記事?→知識や理論を語る記事など

 

②中期的なブログ記事

これは自分の頭の中に知識や情報がある程度ありますが、それをふくらますためにある程度調査・研究が必要です。

また自分の頭の中にある知識・情報に関してある程度不安な部分があるますのでそれを払拭し記事をアップするために調べることは重要です。

この調べる時間が結構かかります。

この場合記事作成にかかる時間は調査に2時間→記事作成2時間→計4時間

調べる時間は結構かかるのですが信頼性のある記事にするには調査▶️確認は非常に重要です。ここを手を抜くと薄いブログ記事となってしまいます。

どんな記事?→知識・理論をもとに比較する記事など

 

③長期的なブログ記事

これは自分の頭の中に無い知識・情報をもとに記事を作成する方法です。

まず頭の中に知識が無いぶん記事作成にかなり時間がかかります。

まずどんな記事にするか構成を考え、その記事を作成していくための調査や確認作業を行います。その調べた知識をもとにまた記事の構成を考え記事を作成していきます。

この場合の記事作成にかかる時間

調査2時間→ブログ記事構成考案2時間→記事作成2時間→計約6時間~8時間

まず自分の頭の中に知識や情報がないので調べることからスタートし、その情報をどういうブログ記事に落とし込むか記事構成を考え、

再度調べて記事を書いていくとやはり時間がかかります。またレビュー記事などはその商品を知るために実際使ってみて調べていく必要があります。

どんな記事?→商品のレビュー記事や比較・ランキング記事など

 

まとめ

自分が記事を作成している記事はこの3種類に分かれます。

記事の内容、種類によって記事の書き方は変わります。

その都度自分の知識や情報で書いたり、調べて記事にしたりと記事を書くためには作業することがたくさんあります。そのタスクの積み重ねがになっていきます。

あとはここからどんな読者層に向けて記事を書くのかということが非常に重要になってきます。よく聞く『ペルソナ(読者層)設定』と言います。

ブログを書くうえで誰に読んでもらいたいかということは非常に重要でここを怠るとブログを読んでもらう機会をみすみす減らしてしまいます。

そうならないためにも『ペルソナ(読者層)設定』をしっかり考えブログ記事を書いていくことが大切です。

Copyright© 悠々自適なブログ , 2021 All Rights Reserved.