副業

副業サラリーマンの副業がバレないための3つの方法

サラリーマンで副業をやるに当たって気をつけておかなければならないことを3つ紹介します。

1.住民税からバレないようにする

2.マイナンバーからバレないようにする

3.自分から言いふらさないようにする

副業をしてもOKな会社であれば、このようなことを注意しなくてもまず問題ないと思いますが、やはり副業をしているということは会社にはバレたくないという方が大多数だと思います。まず副業を始める前に副業が会社にバレないためにはどうしたら良いか考える必要があると思います。バレない方法を知る前に副業を始めるのはせっかく稼ぎが出てきた後に、会社にバレてやめさせられるとか嫌な思いをしなくていいことにもつながります。そのための方法を学んで欲しいと思います。

まず1の住民税からバレないようにすることですが、

この住民税からバレる可能性が一番高いかと思います。

それはなぜかというとサラリーマンの場合、住民税は会社が代わりに納めています。

これは『特別徴収』といって国から会社に対して住民税決定通知書が送られてきて、その人の収入分に対しての住民税を払わなければなりません。その住民税決定通知書は会社の給与担当の人が確認していますのでそこで会社側で管理している給与より多く収入があることがわかられてしまいます。

そうならないためには副業の収入を確定申告する必要があります。その確定申告をする際に副業に対しての税金をどのように支払うかを選ぶことができます。それが特別徴収と普通徴収です。特別徴収とは先ほどお話しした通り会社から納めるパターンです。普通徴収は自分で銀行に行って納付するという方法で副業を会社にバレたくないという方はこの方法を必ず選択し住民税を銀行で支払うようにすると副業がバレないということになります。

2のマイナンバーからバレないようにするということですが、

これはマイナンバーから直接的に会社にバレてしまうということではないのですが、副業で20万円以上の収入を得ている場合は確定申告が必要ですということが法律で決められているため、マイナンバーにより税務署でそれぞれ個人がどれくらい収入を得ているかがわかる仕組みになっています。そのため副業で20万円以上稼いでいる場合、確定申告していないと納税していないと思われてしまい、それが会社にまで連絡が行く形になり副業がバレてしまうことになります。

3の自分から言いふらさないようにするとは、会社でいくら仲が良い同僚や先輩がいたとしても副業していることを話さない方が良いと思います。

人の噂はどこで広がるかわからないですし、まして信用できる人がどれだけいるかわかりません。副業をしていると軽い気持ちで言っただけでもそれが変な形で広まってしまうと印象が悪くなってしまいますし、会社にもバレてしまうと思います。

以上の3点が副業をする際サラリーマンが気をつけなければならないことです。

1.住民税からバレないようにする

2.マイナンバーからバレないようにする

3.自分から言いふらさないようにする

この3つの注意点をよく考え、素敵な副業ライフを楽しみましょう。

それはそうと副業がOKな会社なら問題なのですが、世の中そのような会社ばかりではないと思いますので、自分の身は自分で守るクセをつけていかなければならないと思います。

Copyright© 悠々自適なブログ , 2021 All Rights Reserved.