Apple

MacBook Proを副業で使う場合どんなスペックがいい?作業別オススメのスペック3選!

2020年5月31日

困っている人

副業でMacのノートパソコン使いたいんだけどどんなスペックがいい?

オススメスペックが知りたい。

そんな疑問を持っている方に向けてこの記事を書いていきます。

 

副業で必ず必要になってくるのがパソコンですね。特にオススメなパソコンはMacのパソコンです。

今回は特にスペックの高いMacBook Proを紹介したいと思います。

 

この記事の信頼性

当サイトの管理者『悠』は現在も副業に取り組んでいるサラリーマンです。

MacBook airを約7年ぐらい愛用しているapple信者で、他の人に比べてapple製品にはちょっとだけ詳しいです。

 

今回紹介する記事の内容はこちらです。

 

今回の記事内容

MacBook Proで副業で使う場合のオススメスペックはこちら

MacBook Proの主な特徴は?

副業作業別オススメスペック3選

まとめ MacBook Proで副業で使う場合のオススメスペック3

 

今回この記事を読むことで、Macのパソコンで副業に使えるスペックがどれがいいかがわかります。

 

それによりMacBook Proを購入する際の参考になればと思います。

用途別に解説しますので自分の当てはまる用途によって参考にして見てください。

またそれぞれの用途別にスペックを紹介していますが、できるだけ値段が安いもので選定しているので安くMacBook Proのモデルを購入したい場合にいいですね。

 

まずは副業にオススメのMacBook Proのスペックを紹介します。

 

MacBook Proで副業で使う場合のオススメスペックはこちら

最初に自分がオススメするスペックを紹介します。

おすすめスペック

13インチMacBook Pro

  • 8世代の1.4GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.9GHz
  • 16GB 2,133MHz LPDDR3メモリ
  • 256GB SSDストレージ

 

このスペックがあれば副業で確実に作業量がアップすること間違いないです。

それではまずMacBook Proについて少し解説していきますね。

 

MacBook Proの主な特徴は?

ここでは一旦MacBook Proについて少し解説しておきます。

 

MacBook Proとは

MacBookのハイエンドモデル

処理性能とグラフィックス共に高水準のモデル

Touch BarMagic Keyboard搭載で作業効率が高い

MacBook Proをざっくり説明するとこんな感じです。

Macのパソコンはairproの2種類ありますが、個人的にはproの方がオススメです。

 

副業の作業別オススメスペック3選

それでは副業にMacBook Proを使う際、どのスペックがいいかオススメスペックを作業用途別に3つ紹介します。

それぞれのスペックに価格も付いているのでそちらもぜひ参考にしてみてください。

 

ワード、エクセルなど文書作成のみ

この作業でMacBook Proを使う場合はこちらのスペックがオススメです。

 

文書作成に必要なスペック

  • 8世代の1.4GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.9GHz
  • 8GB 2,133MHz LPDDR3メモリ
  • 256GB SSDストレージ
  • True Tone搭載13インチRetinaディスプレイ
  • Intel Iris Plus Graphics 645
  • Thunderbolt 3ポート x 2

 

この作業で使用する場合はMacBook Proの一番最低スペックで問題ないです。

またはMacBook Airでも良さそうです。

 

 

ブログ記事作成

今回一番自分がオススメしたいスペックですね。

やはりブログで記事作成など行う人にとってはある程度のスペックが必要と考えます。

ブログ記事作成

  • 第8世代の1.4GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.9GHz)
  • 16GB 2,133MHz LPDDR3メモリ
  • 256GB SSDストレージ
  • True Tone搭載13インチRetinaディスプレイ
  • Intel Iris Plus Graphics 645
  • Thunderbolt 3ポート x 2

ブログ記事作成にMacBook Proを使うならメモリを16gbをオススメします。

それはなぜかというとブログ記事を書く作業というのはワード、エクセルなどの文書作成と同じと思われる方がいると思いますが、

実はブログ記事を書くのにブラウザを開いていたり、ワードエクセルと開いたり、

ブログ記事に入れる画像を作るソフトを使っていたりと同時進行で作業をする場合が多いです。

そんなとき重要になってくるのがメモリです。

やはりメモリが大きいに越したことはありません。

ですのでブログ記事作成にはメモリ16GBのこのスペックのMacBook Proがオススメです。

 

動画編集

やはり動画編集に必要なのはCPUのスペックとメモリです。

動画編集という重い作業にも耐えられるかつ安めのスペックがこちらです。

動画編集

  • 10世代の2.0GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.8GHz
  • True Tone搭載13インチRetinaディスプレイ
  • Touch BarTouch ID
  • Intel Iris Plus Graphics
  • 16GB 3,733MHz LPDDR4Xメモリ
  • 512GB SSDストレージ
  • Thunderbolt 3ポート x 4

動画編集はCPUとメモリが重要と話しましたが、そのあたりを重視したスペックです。

これはMacBook Proの4つパッケージスペックがある中で3番目の標準パッケージです。

それにもかかわらず価格とスペックのバランスのとれたモデルかと思います。

 

【まとめ】MacBook Proで副業で使う場合のオススメスペック3

今回MacBook Proを副業で使う際のオススメスペック3選紹介しました。

みなさんはどの作業でMacBook Proを使いたいですか?

基本的にMacBook Proはどのスペックでも高性能です。

しかも今回紹介したMacBook Pro2020年販売モデルは、今までのキーボードとは違いMagic Keyboardになったことでとても使いやすくなっています。

それを踏まえてMacBook Proのオススメスペックはこちら

 

ワード、エクセルなど文書作成のみ

MacBook Proの下位モデルでOK

 

ブログ記事作成

下位モデルをメモリ16GBにすればOK

 

動画編集

10世代Corei5CPUとメモリ16GBがあればOK

それぞれ作業別でオススメスペックがあるのでぜひ参考にしていただき、MacBook Proを使って欲しいです。

 

 

 

Macbookに関する記事はこちら

MacBook Pro 購入 安く
MacBookを安く買う方法は1択です。Apple認定整備済製品が一番安く購入できます!

続きを見る

MacBook Pro 13インチ 2020年版発売!MacBook Pro 2019と比較してみた

続きを見る

MacBook Pro 13インチ 2020年版発売記念!MacBook air 2020と比較してみた

続きを見る

Copyright© 悠々自適なブログ , 2021 All Rights Reserved.