ブログ運営

ブログなどweb文章の書き方!初心者でも書ける文章とは?

2020年3月27日

 

 

困っている人

  • ブログ始めたのはいいけどブログ記事ってどういう風に書くの?
  • 記事の書き方ってあるの?
  • web文章を書く際に気をつけることは?

こんな疑問を持っている方に対してお答えします。

 

本記事の内容

  • そもそもweb文章とは何?初心者でも書けるの?
  • 初心者でも書けるweb文章の書き方
  • Web文章を書く際の注意すること5選
  • web文章上達のコツは?
  • web文章を上達したその先に

 

 

この記事の信頼性

当ブログ管理者『悠』はブログ開始して5ヶ月目に入り、なおかつこのブログ記事で合計50記事の記念記事です。

これまでブログを書き続けて培ったweb文章の書き方を初心者でもわかりやすいように解説していきます。

 

 

 

 

そもそもweb文章とは何?初心者でも書けるの?

Web文章とは

 

ウェブを通して何かを伝えるための文章です。

紙媒体とは違って、webにはweb用の文章の書き方があります。

その書き方をきちんと学んでいるかいないではブログの記事の書き方も変わってきます。

またwebの特性状読みにくい文章は全く読まれないということになってしまいかねないので

文章の書き方については細心の注意して書いた方がいいです。

 

 

初心者でも書けるweb文章の書き方

 

Webは紙媒体と違って伝達されるまでの時間が早かったり、読ませるというよりは見せる文章というのが大事です。

Web文章を書いていくのであれば『webならでは』という文章を書いていくことが重要です。

 

ポイント

①何のために文章を書くのか考える

②誰に向けた文章を書くのか考える

 

 

①何のために文章を書くのか考える

 

ブログ記事を書く際にテーマだったりキーワードを決めると思います。

その記事は何のために書くのか。

情報を伝えるためなのか?

読んだ人に何か行動を起こして欲しいのか?

記事を読んでコミュニケーションをとって欲しいのか?

結果的にはブログ記事を読んでもらった方にどうしてもらいたいかによってブログ記事の書き方も変わってきます。

その目的や狙いをはっきりさせることで記事を書く明確な理由が明らかになります。

 

②誰に向けた文章を書くのか考える

 

ブログ記事を書く上で重要なことは誰に向けて書くのかということです。

よくペルソナ設定と言われますが、読んでくれる方の性別、年齢、対象プロフィールなど細かく設定することで読んでくれる方をイメージして記事を書くことできます。

そのように誰に向けてブログ記事を書くというのは非常に大切で、その記事の存在価値になります。

まずブログなどweb文章を書く際には誰に向けて書くのかを重視して書くことは非常に重要です。

 

Web文章を書く際の注意すること5選

ポイント

  1. 見出しやキャッチコピーを重要視する
  2. あまりに長い文章は読まれにく
  3. さまざまな環境で読まれることを考慮する
  4. トップページから読まれるとは限らないこと
  5. web文章はリンクでつながっている

 

1見出しやキャッチコピーを重要視する

Web文章を書く上で見出しやキャッチコピーは重要です。見出しによっては検索エンジンにきちんと引っかかるかどうか重要なカギになります。

 

2あまりに長い文章は読まれにく

だらだらと長いweb文章は読まれにくいです。読む方のストレスにならないようまとめる部分はまとめたり、箇条書きをうまく使ったり要点をきちんとまとめ見やすいweb文章を心がけましょう。

 

3さまざまな環境で読まれることを考慮する

Web文章はパソコン、スマートフォン、タブレットなどさまざまな媒体で見られる可能性があることを考慮しましょう。閲覧環境でも変わらないように、こまめに改行したりして読みやすい文章を心がけましょう。

 

4トップページから読まれるとは限らないこと

ブログなどwebサイトはどこから閲覧されるかわかりません。トップページから必ず見られるとは限らないです。どこのサイトから読まれても内部リンク等で読まれやすい記事を心がけましょう。

 

5web文章はリンクでつながっている

Web文章はリンクが大事です。外からリンクをもらったり、自分のブログ内で内部リンクを貼って読みやすい記事にするという手もあります。

 

web文章上達のコツは?

以前この内容についてtwitterで呟いたことがあるので紹介します。

その内容のまとめになってしまいますが・・・

見出し(全角15文字)

  1. わかりやすい言葉を使う
  2. 目標となるwebサイトを見つける
  3. まず書くこと、数をこなして成長
  4. 声に出して読んでみる
  5. トライ&エラーを繰り返す

 

それでは1こずつ説明して見ましょう

1わかりやすい言葉を使う

これはweb文章でよく言われることですが、『web文章は小学生でもわかる文章で』と言われます。

それは小学生でもわかるような文字、言葉、漢字を使用するということです。

あまり難しい漢字を使わず簡単な漢字で説明したり、

わかりにくい言い回しではなく短刀直入な簡単な言葉で説明するなど、

とにかく小学生でもわかるような文章にして読みやすくすることが大事です。

 

2目標となるwebサイトを見つける

Web文章を書く上で参考にするwebサイトは必ず見つけた方がいいです。

文章の書き方の参考にしたり、テイストを真似することができます。

なかなか独学では学べない部分があると思うので、そこの部分を目標とするブロガーさんのサイトを参考にするといいと思います。

 

3まず書くこと、数をこなして成長

Web文章はとにかく書いて慣れないと上達しません。

とにかくブログ記事を書いて書いて書きまくるしか上達しません。

参考書や参考になるwebサイトを眺めていただけでは上達しないのです。

とにかく記事を書いて数をこなすことを重視しましょう。

 

4声に出して読んでみる

これはなかなかできない人がいると思います。

ただ声に出して読んでみることで誤字脱字を見つけたり、変な言い回しになっているところに気が付いたり、メリットがたくさんあります。

読むことで内容を再確認できるので一度やってみるのもいいと思います。

 

5トライ&エラーを繰り返す

Web文章を書くには何度も書いて修正しての繰り返しが必要です。

最初は誰でも文章が下手で変です。ただ書いていくうちに必ず成長します。

文章は書けば書くほど良くなり、書くコツがつかめてきます。

とにかく初心者のうちは文章を書くことに慣れましょう。

慣れから成長することができると思います。

 

 

web文章を上達したその先に

今回の記事を参考にWeb文章の書き方や書くための考え方がわかったと思います。

web文章の書き方はブログ記事を書くだけでなくそれ以外の文章を書くことにも役に立ちます。

文章の書き方の基本を覚えて、ブログ運営を楽にこなしていけるようにしていきましょう。

文章を書くことになれると、ブログ更新を続けることにもつながります。

Copyright© 悠々自適なブログ , 2021 All Rights Reserved.