Webライター

現役Webライターがオススメするライティング本5選【初心者必見】

困っている人
Webライターにおすすめな本は?

ライティングに関する本を選ぶ基準は?

ライティングの本からどんなことが学べる?

 

こんなお悩みを解消します。

 

本記事の内容

  • Webライターを始める時に読むべき本の基準
  • 現役Webライターがおすすめする本5選
  • Webライティングの本で得られる知識3選

 

本記事の信頼性

 

30代後半で副業ブログを始めて、半年でブログの月間PV3,000と月間ブログ収益5桁を達成しております。

また、現在ではブロガーを続けながらWebライターで案件も受けています。

Webライターとしての実績は、インフルエンサーのブログ記事の執筆代行を2件、家電系の会社サイトの記事執筆を1件受注経験があります。

 

 

 

Webライターを始めるときに選ぶべき本の基準とは

Webライターを始めるときに選ぶ本の基準以下の2点を意識して選びましょう。

  • ・Webライティングが学べるもの
  • ・文章術が学べるもの

Webライターを始めるなら本から学ぶべきだし、読むなら上記の2点が理解できる本を選びましょう。

 

Webライティングが学べるもの

Webライターを始めるときに選ぶべき本の一つに、Webライティングが学べるものを選びましょう。

Webライティングは普通の文章を書くのとは違い、Web特有の文章の書き方があります。

そのWebライティングは文章の書き方だけでなく、型があるのでそこを本から学びましょう。

また、Webライターとして働いていく上で必ず文章の書き方で悩む場面が出てきます。

そんなときに、辞書的に使えるWebライティングの本を参考書として何冊か持っておくことをおすすめします。

参考書があるだけでWebライティングのいろいろな場面で使用できますし、文章の修正で確認する時などにも便利ですね。

 

文章術が学べるもの

Webライターを始めるときに選ぶ本の2つ目として、文章術が学べるものを選びましょう。

Webライティングの本も重要ですが、普通の文章術も学べる本も持っておくといいでしょう。

文章の書き方の基本はやはり本から学ぶことが重要です。

ネットなどにも文章術のサイトなどあると思いますが、やはり1次情報の本から学ぶことが文章術を上げるのに必要ですね。

 

現役Webライターがおすすめする本5選

現役Webライターの私が、今までWebライティングを勉強するのにライティングの本をいくつも読み漁ってきました。

その中で、Webライターならぜひ読んでおいて欲しい本を5つ紹介します。

Webライターをこれから始める人も、今現役でWebライターの人も読んでおいて損はない本です。

1冊ずつ解説していくので、ぜひ確認してみてくださいね。

 

 Webライターがおすすめする本5選

  1. 沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—
  2. 新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング できるビジネスシリーズ
  3. 人を操る禁断の文章術
  4. ザ・マイクロコピー
  5. 「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。

それでは、Webライティングに関して読むべき本を1冊ずつ解説していきます。

 

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—

沈黙のWebライティングは、ライティングとSEOの両方学べる良書です。

基本漫画形式でライティングの内容の大半を説明しています。漫画なのでスラスラ読めるが特徴ですね。

また、講義形式でライティングの知識を学べるページがあります。

この講義の内容がとても深くライティングの基本が学べる内容です。

これ1冊あればライティングとSEOを学べること間違い無いですね。

有名ブロガーの方もおすすめしている良書なので、ライティング初心者にはぜひ読んで欲しい1冊です。

 

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング できるビジネスシリーズ

大手ニュースサイト「ナタリー」で実践されているライティングを1冊にまとめた本です。

完読される文章を書くための、ライティングの基礎が分かるでしょう。

より具体的な文章の書き方を説明しているので、文章が苦手な方でもこの本を読めば文章の描き方が理解できるようになる1冊です。

 

 

人を操る禁断の文章術

created by Rinker
¥1,540 (2021/12/01 19:15:56時点 楽天市場調べ-詳細)

メンタリストDaiGoさんの行動を起こさせる文章術に特化した本です。

人に行動してもらうためには、どんな文章の書き方がいいのかが解説されています。

心理学に基づいた文章術が学べるので、ライティングだけでなくいろいろな場面で使える文章術が身に付きますね。

 

ザ・マイクロコピー

ザ・マイクロコピーはコピーライティングに特化した本です。

Webサイトで、どんなコピーを載せると成約率が上がるかをメインに掲載されています。

少し古い本なのですが、ウェブで成約率を上げるためのノウハウが詰まった1冊です。

売るためにどう行動し、どのようなライティングをすればいいかが分かる本ですね。

 

 

「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。

『「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。』は様々な文章に関する本の内容を1冊にまとめた本です。

文章を書く上で必要な知識を、文章に関する本100冊の中から、よく掲載されている内容順にランキング形式で紹介。

文章の基礎から応用まで学べる1冊です。

文章に関する本を、まず読みたいという初心者にはおすすめの本ですね。

 

Webライティングの本で得られる知識3選

Webライターをしている人、これから始める人におすすめの本を5つ紹介しました。

それらの本を読んで得られる知識はどんなものがあるでしょう?

それは3つの知識が得られます。

  • webライティングの基礎知識
  • SEOの基礎知識
  • コピーライティングの知識

それぞれおすすめ本を読んで得られる知識をひとつづつ解説していきます。

 

webライティングの基礎知識

文章に関する本を読むことで、ライティング技術の基礎知識が学べます。

普通の文章を書くのとWebライティングは少し違います。

本によって文章の構成や言い回しなど違いがあります。

Webライティングを一から学ぶのであれば、上記の5冊の中から最低1冊、できれば3冊以上は読んで欲しいです。

ライティングは基礎をしっかり学ばなければ、思うような文章は書けません。

まずはWebライティングの基礎から学んでいきましょう。

 

SEOの基礎知識

Webライティングを学んでいく上で、SEO対策に関する知識も外せません。

ウェブでブログやサイトを開設した時に、SEO対策をしてGoogle検索の上位に表示されることは、必須といっても過言ではありません。

WebサイトはGoogle検索からの流入もたくさんあるので、そこから検索される可能性を上げるには、やはりSEO対策をしっかり行った記事作成が欠かせません。

そのためのライティング技術も学んでおく必要があります。

 

コピーライティングの知識

ライティングの本から、コピーライティングの知識も学べます。

コピーライティングは書いた文章によって読者に行動してもらえるような文章を書くことです。

Webライティング・SEO対策と同じくらいコピーライティングは重要です。

コピーライティングがうまく書けるようになれば、成約率の高い文章を書くことが可能になります。

そうなればWebライターとして高いスキルを持っていると思われ、契約してくれる案件が増えること間違い無いです。

コピーライティングのスキルも、Webライターとして学ぶべきスキルですね。

 

Webライターは、本からライティングを学ぼう

Webライターをこれから始める人も、今現在活躍している人もライティングの知識は本から学びましょう。

ネットに溢れる情報では2次情報なので、1次情報の本からライティングの知識を得ることが重要です。

本は何冊でも購入しておけば、自分がライティングするときに参考になります。

文章は常に勉強し続けなければなりません。

ライティングの技術を高めるために、本を読み実際に記事を書いていくことが重要です。

本を読んで終わりではなく、読んで学んだことを実践して初めて経験になります。

どんどん記事を書いて、Webライターとして成長していきましょう。

 

 Webライターを始めるなら…

ゼロから始める!副業Webライターで稼ぐロードマップ【未経験からの稼げる5ステップ】

続きを見る

Copyright© 悠々自適なブログ , 2021 All Rights Reserved.